リハビリテーションの理学療法士の役割

理学療法士の役割とは

理学療法士の役割とは、リハビリテーションにおける専門家としてはぼんやりと理解できると思いますが、実際はどのような役割を担っているのでしょうか。 理学療法士とは、実際には治療家であるとともに、リハビリテーションを支援するという役割も担っています。 治療家としての役割とは、筋膜リリースや関節モビライゼーション、ストレッチ等があります。

機能障害を治療することを意味しており、関節の可動域を広げたり、筋力低下等の機能障害を改善することで、患者の方の症状改善を目指します。 クリニックで働く場合はこの役割が大きく占めています。 リハビリテーションを支援する役割とは、まず治療家としての役割を果たしながら、その患者さんが持つ身体機能を引き出す為に、医療従事者として環境面を整えて、生活を支援すsるためにリハビリテーションを行います。

患者さんの身体の構造を理解した上で、リハビリテーションの計画を立てて、運動療法、物理療法等の専門的な療法を駆使して、一人一人に適したカリキュラムを作成し、 効果的に身体の機能を引き出す、あるいは回復させるように導きます。理学療法とは、日常生活活動の改善を図った上で、最終的には生活の質の向上を目指しています。