リハビリテーションの理学療法士の役割

作業療法士との違い

似た名前に「作業療法士」という職業がありますが、理学療法士が基本的な身体機能の回復を目的とするのに対し、作業療法士とは、日常生活における基本動作の機能回復をサポートする専門家になります。 つまり、理学療法士は「寝返る」「起き上がる」「歩く」等日常生活の基本的動作ができるようになる為のサポートを行いますが、 作業療法士は「入浴」「食事」「手工芸」「将棋」等のようなあらゆる作業活動を通して、身体的、精神的なリハビリテーションを行う専門家になります。

作業療法士の大きく異なる点は、理学療法士と違って躁うつ病や摂食障害等、精神障害の患者さんも対象となる為、幅広い分野において、リハビリテーションの専門家として活躍しているという点が挙げられます。 どちらも国家試験を受けて資格をとる必要があります。

国家資格とは、国が法律で定めた国や地方自治体で認定する資格のことを指しますが、理学療法士の場合は「理学療法士及び作業療法士法」に基づいた厚生労働大臣による免許が交付されます。 これからますます活躍の場が広がると期待されている職業ですので、リハビリテーションの分野で人の役に立ちたいと考える方は、ぜひ検討されてみてはいかがでしょうか。