リハビリテーションの理学療法士の役割

理学療法士について

理学療法士とは、聞きなれない言葉ですが、「Physical Therapist」を略してPTとも呼ばれます。 怪我や病気等で体に障害がある人の為に、座る、立つ、歩く等の基本動作能力の回復や維持、あるいは障害の悪化を防ぐ為に、 運動療法や物理療法を用いて、自立した日常生活を送れるようにすることを目的とした医学的なリハビリテーションの専門職となります。

わかりやすく言うと、動作の専門家であり、寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くといった日常生活を送る為の基本動作ができるようにリハビリテーションを行います。 理学療法士になるには国家資格が必要になり、免許を取得した人のみが名乗ることができます。 理学療法士の働く場としては、病院、クリニック、介護保険関連の施設となり、専門職としてプロスポーツチームで活躍する理学療法士も存在しています。 理学療法士が対象者一人一人、それぞれに医学的、社会的視点から目標の為に適切なプログラムを作成して、日常生活の自立を目指します。

関節の可動域の拡大や、筋力の強化、麻痺している部分の回復、痛みの軽減の為の治療を目的とした方法から、動作練習や歩行練習を通して能力の向上を目指す治療法を行っています。

ここでは、普段聞きなれない理学療法士について、どんな職業なのか、役割について、または理学療法士を目指すにはどうしたらよいか等、将来的に仕事として興味がある方へ少しでも参考になるように、その内容について詳しく紹介します。